ヤマハ 音響 技術

21/2/2020 · ViReal (バイリアル)は立体音響の総合技術のことで、録音・編集・再生、立体音響制作のすべてをサポート。 ・録音には専用のワンポイントマイク ViReal Mic:64chワンポイントマイク なんと!1度に360度の音を64chで収録できるマイク。

ヤマハ 株式会社およびヤマハグループ会社が提供する製品およびサービスをご紹介します ホール音響 設計 防音室・調音パネル ネットワーク機器 音声コミュニケーション機器

技術の記事一覧 TECHNOLOGIES 技術 製品のもととなる技術、環境に配慮するための技術、新たな未来を生み出すための技術、ヤマハでは様々な研究に取り組んでいます。

ヤマハ株式会社は、VRコンテンツなどとの相性に優れた立体音響技術『ViReal 』(バイリアル)による3Dヘッドホン再生技術の本格提供を2018年1月より開始します。これに先立ち、株式会社カプコンが12月14日(木)に発売する「バイオハザード7 レジデント イービル ゴールド エディション」と、2018

ヤマハの研究開発部門では、最高の商品を開発するための要素技術開発や音響工学的な追究で、さまざまな知見と高度な専門性が得られます。またアプリケーションに即して発想する柔軟性と、粘り強さが

ヤマハ株式会社の研究開発サイトです。技術、ソリューションなどをご紹介します。 あなた×AIと都響で弾く、はじめての即興「カノン」 – 音楽とAIのワークショップ レポート reports

音響機器事業は「音・音楽」をコアとして培ったデジタルとアコースティックの両技術を生かし、業務用からコンシューマー向けまで多彩なソリューションを提供しています。 業務用音響機器、音楽制作機器・ソフトウェアをはじめ、AV機器、業務用通信カラオケ、さらにはネットワーク機器

ヤマハ音響設計ではホールや劇場の音響設計をはじめ、各種の集会施設や製品の音響設計、音を使った新技術/製品の開発など幅広い範囲で「音」に関する技術提供/コンサルティング業務をおこなってお

ヤマハ株式会社/株式会社ヤマハミュージックジャパンの楽器・オーディオ製品関連サイトです。楽器やオーディオ製品に関する製品情報やサービス、サポート情報などをご紹介します。

ヤマハプロフェッショナルオーディオ部門は、音響業界において革新的かつ最高品質のソリューションを提供するプロバイダーとして、グローバルにビジネスを展開しています。業界標準のミキシングコンソールや、最先端の信号処理技術を備えたシグナルプロセッサー、エネルギー効率の高い

ViReal はヤマハ研究開発統括部が開発中の立体音響の総合技術です。音源の存在感や音場の臨場感をそのままに収音するViReal Mic、お手持ちのヘッドフォンやスピーカで実空間と間違えるようなリアルな音空間を再現する音響信号処理技術 ViReal for Headphones およびViReal for Speakers により、圧倒的

4/9/2018 · ヤマハ ViReal(バイリアル) ~積み重ねた要素技術でその空間をキャプチャーする~ NEW! Tech 2018年09月04日 皆さんはViRealという技術をご存知だろうか?このViRealはヤマハが要素技術として開発を行う立体音響技術の総称。純国産の立体音響技術である。

ヤマハ株式会社およびヤマハグループ会社の採用情報です。2020年2月1日(土)より、新卒・第二新卒採用のエントリー受付

ヤマハでは、これまでに培ってきた「建築音響」「電気音響」「騒音制御」といった音響全般にわたる多様な技術や、300件を越える実績に基づき、ホールや劇場の音響設計をはじめ、講堂や教育施設など幅広い分野で「音」に関するコンサルティング業務をおこなっています。

ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中区中沢町10-1、社長:梅村 充)は、当社開発の音響通信技術『INFOSOUND 』を活用したロケーションサービスとして、スタンプラリーサービス「スタンプファン」および来店促進サービス「QooPo」の2つのサービスを、2013年5月8日より提供開始いたします。

音響設計にとって、対象物を作る前に結果を予測することのできる「音響シミュレーション技術」は非常に重要です。ヤマハでは音響シミュレーションにより、設計段階における室内音響特性の予測や、室の形状・内装仕様の検討を行っています。

「ヒトの脳」と「技術」

アコースティックギターの形状や構造、素材などの設計要素は音色に多大な影響を与えます。楽器本体の各部分がどのように振動し、その影響で楽器内部や周辺の空気がどのように振動し音が伝わるかなどの解析を、測定技術やシミュレーション技術を駆使しながら進めています。

AudioEngine はヤマハの最新技術であると同時に長年培ってきた音場生成技術の集大成でもあります。ここではAudioEngine を構成する3つの技術について紹介します。 音響補正技術 : Acoustic total-linear EQ サラウンド : Spacious sound 3D 帯域拡張技術 : Harmonics enhancer Extended

前田建設 技術研究所の藤橋さんが、ヤマハホールの音響設計を担当されたヤマハ株式会社空間音響グループの宮崎さんにお話を伺いました。銀座のビル内にあるホールという空間的な課題を克服し、どのようにしてアコースティック演奏に最適な音響設計を実現したのか。

ヤマハ株式会社と株式会社コロプラ(以下コロプラ)は業務提携し、当社が開発した音波による新しい情報伝送手段『INFOSOUND(インフォサウンド)』を利用したスタンプラリーサービスを共同で提供していくことに合意しました。

音響技術者は幅広い年齢層の男女が目指せる、コンサート以外にも活躍の場がある資格です。 音響技術者資格取得者は他にもミキサー、音響エンジニア、サウンドエンジニアと呼ばれております。 音響技術者の資格は 「民間資格」 です。 資格広場は、音響技術者になるには?

HDカメラ付きスピーカーフォン ヤマハ独自の音響処理技術を搭載 相手の表情をつぶさに伝える120 超広視野角・高解像度カメラを搭載 オプションの拡張マイク(XM-CS-700)で収音範囲の拡張も可能 NFC対応、Bluetooth®も搭載、スムーズでシームレスな接続を実現

ヤマハ株式会社は22日、VRコンテンツなどとの相性に優れた立体音響技術『ViReal 』(バイリアル)による3Dヘッドホン再生技術の本格提供を2018年1月より開始することを発表しまし

25/10/2017 · ヤマハの立体音響技術「ViReal 」(バイリアル)の実験施設に潜入しました。すでに最新のモンハンでの先行導入が明らかになっているところです

作者: Engadget Japanese

ヤマハは、2018年1月より、VRコンテンツなどとの相性に優れた立体音響技術「ViReal(バイリアル)」による3D ヘッドホン再生技術の本格提供を開始する。これに先立ち、カプコンから12月14日発売予定のPS4/Xbox One/PCソフト「バイオハザード7 レジデント

ヤマハのサウンドバーのページです。リアルサラウンドとバーチャルサラウンドを、エントリーモデルからフラッグシップモデルまで幅広いラインアップを備えたサラウンドバー。 2020年2月22日(土),23日(日)名古屋にて開催される「オーディオフェスタ・イン・ナゴヤ 2020」に出展いたします。

ヤマハの音声コミュニケーション機器に搭載された様々な技術を紹介します。音の回り込みを防止する「エコーキャンセラー」や、人の声とノイズを聞き分け、声だけを伝える「ノイズリダクション」、複数の発言者の声の音量とマイクからの距離で生じる音量差を調整する「オートゲイン

調音パネル® ヤマハ独自のパネル構造、わずか厚み3cm のパネルが、音響障害のないクリアで心地よい音響空間を実現。 定型タイプの防音室(不燃仕様) 業界初の国土交通省「不燃認定」を獲得した定型タイプの防音室。パネル組立式のため、工期が約4時間、移設が可能。

ヤマハの音環境製品のダウンロードページです。音声コミュニケーション機器、調音パネル®、防音室(アビテックス)、スピーチプライバシーシステムの製品別カタログがダウンロードできます。 働き方改革チャレンジ – 今の空間を有効活用編 ヤマハ音環境製品ラインナップを活用した

ヤマハのスピーチプライバシーシステムは、専用スピーカーから自然な環境音などのマスキング音を流すことで、会話の中の重要な情報を第三者に伝わりにくくします。スピーチプライバシーシステムVSP-2の機能を紹介します。

ヤマハ株式会社(英: Yamaha Corporation)は、楽器や半導体、音響機器(オーディオ・ビジュアル)、スポーツ用品、自動車部品の製造発売を手がける日本のメーカー。日経平均株価の構成銘柄の一つ。 1969年にピアノ生産台数で世界一となり、販売額ベースで

本社所在地: 日本, 〒430-8650, 静岡県浜松市中区中沢

1級建築士設計事務所&音響設計工房YAMAHAの東京における「ホール建築技術展示」の総合展示施設!住宅展示場ならぬホール展示場!全国のクライアント(自治体・商業ホール担当者)に対するショールーム的役割を果たしている。

ヤマハの音響回路技術を駆使した高効率800Wパワーアンプ/ 高効率電源採用 パワートランジスターに対して出力レベルに応じた電力を無駄なく供給することで、優れた変換効率を実現した高効率パワーアンプ回路を採用。電力消費や発熱を最小限に

<Inter BEE>ヤマハの音響コントロール技術をVRで体験/“音の違いをHzで表現するトレーニング”「真耳Online」 Inter BEE2019(2019年国際放送機器展

ヤマハの歌唱音声合成技術が平成25年度全国発明表彰の特別賞などを受賞。 VOCALOIDに活用されている技術が受賞。 2013年05月07日 ヤマハ開発の音響通信技術 『INFOSOUND(TM)(インフォサウンド)』を活用した スマートフォン向け2つのサービス提供を開始

ヤマハの調音パネル®のページです。室内の音(響き)を調える、ヤマハ音場コントロール技術「調音パネル」。ヤマハ独自のパネル構造、わずか厚み3cmのパネルが、音響障害のないクリアで心地よい音響空間を実現します。

ヤマハルーター製品のページです。スループットやVPN対地数の違いにより、センターネットワークから拠点ネットワークまで幅広いラインナップ。VoIP等の電話機能を必要とする環境には

取り回しやすく快適性も高いコクーン(繭型)ボディ、ヤマハ株式会社の音響技術を活用した「音と光による人とモビリティのインタラクティブなコミュニケーション」など、新しい試みを満載。近未来の「人の感性に寄り添うモビリティ」を提案している。

 · PDF 檔案

組織改正および人事異動のお知らせ 2015年 4月 1日 ヤマハ株式会社 本社:静岡県浜松市中区中沢町10番1号 社長:中田 卓也 当社は、2015年4月1日付で組織改正および人事異動を行います。

ヤマハ音響設計ではホールや劇場の音響設計をはじめ、各種の集会施設や製品の音響設計、音を使った新技術/製品の開発など幅広い範囲で「音」に関する技術提供/コンサルティング業務をおこなってお

6/10/2017 · ヤマハは、VRコンテンツなどとの相性に優れた立体音響技術「ViReal(バイリアル)」による3Dヘッドホン再生技術「ViReal Headphone」の本格提供を2018年1月に開始する。 リアルな音空間を再現する「ViReal Speakers 」(適用イメージ

NECのPC「LAVIE」に、ヤマハの「AudioEngine」という信号処理技術が搭載されているのをご存知だろうか? この技術を使うことで、床面に向けた小さな

【ヤマハ(株)正社員】生産設備の仕様決定及び立ち上げ技術者(機械系) 静岡県浜松市(海外出張対応あり、海外拠点を含む転勤の可能性あり) 【ヤマハ(株)正社員】自動車向け音響モジュール製品の

ヤマハは楽器や音響機器で培ってきた技術で、さまざまな事業に進出してきた(撮影:梅谷秀司) 「総合的に楽器を手掛けているメーカーはほかにない」。国内楽器最大手、ヤマハの中田卓也社長は、業界のガリバーとしての自信を見せる。

A.R.E.の研究の発端はバイオリンの開発から

さらに改良を重ね、独自の木材改質技術「A.R.E.」を全モデルに採用 ヤマハ アコースティックギター 『Lシリーズ』 ヤマハ株式会社は、アコースティックギターの新製品として、『Lシリーズ』6グレード18モデルを2014年3月に発売します。

26/9/2017 · まずはゲーム業界での採用に注力し,収録のところでもヤマハで立体音響技術 を提供するというところを目指していきたいです」と語っていた

ヤマハのネットワーク機器のトップページです。ルーター、スイッチ、ファイアウォール、無線アクセスポイントの製品ラインナップや、ネットワーク統合管理ソフトウェア「ヤマハネットワークオーガナイザー(YNO)」などの紹介をしています。

ヤマハ株式会社(以下、ヤマハ)は、VRコンテンツなどとの相性に優れた立体音響技術『ViReal 』(バイリアル)による3Dヘッドホン再生技術「ViReal Headphone」の本格提供を2018年1月より開始することを発表しました。同技術